メイクで若く見える!?若返りメイクについて


見た目が若く見られて、うれしくない人はいないでしょう。
ここでは、普段使っている道具でできる、簡単でも効果バツグンなメイク術を公開します。

目の若返りメイク

まずは、5歳は若く見える、目のメイクから。
最初に、ラメ入りの明るいベージュ系のアイシャドウを、アイホールに塗りましょう。
これで、まぶたがくすんでしまって見えることがなくなり、ラメがキラキラと反射することによって、まぶたのハリがアップして見えるようになります。

チップを使って塗った後に、指でなじませるようにすると、崩れにくいです。

次に、ブラウンのアイシャドウを、目の際に細めの幅で塗りましょう。
これによって、目元が引き締まって見えるようになります。
太い幅で塗ってしまうと、くすんだまぶたに見えてしまうため、注意してください。

次に、塗ったブラウンのアイシャドウの上に、アイラインを黒のリキッドアイライナーで引きます。
塗るときには、まつ毛とまつ毛の間をうめていくような感じで引きます。
これで、引き締まった目元に見えます。さらに、黒目を大きく見せて、目が大きく見える効果もあります。

次に、下のまぶたの目じりから3分の1位の範囲に、アイラインと同じ位の細さでブルーのアイシャドウを塗ります。
ブルーのような寒色系は、たるんでしまった下のまぶたが引き締まって見える効果があります。

次に、残った下のまぶたの3分の2の所に、明るいベージュのアイシャドウを塗りましょう。
これで、白目がきれいに見えて、さらに目元が明るくなり、若い印象の目になります。

続いてまつ毛のメイクです。
まず、ボリュームタイプのマスカラを放射線状に塗ります。これによって、目をさらに大きく見せることができます。
塗った後には、専用のコームを使って、まつ毛をしっかりと溶かしましょう。ダマをなくすためです。
目元にマスカラがちゃんと塗られていると、確実に見た目が若く見られます。

次に眉毛です。
今は、少し太めの自然な眉毛が流行しています。このような眉毛を書くようにしましょう。細い眉毛で、しかもアーチ上になっていると、老けて見えてしまいます。
最初にペンシルを使って眉尻からかくと、バランスよく眉毛をかくことが出来ます。
その後、眉パウダーをブラシにとって、眉毛の中間から眉頭の順で書き足して終了です。
不自然に見えないように、眉パウダーは少な目の量でかきましょう。

次に口です。
上がった口角は、若く見えます。
口を少しだけあけて、リップで口角のラインをしっかりと描きながら塗っていきましょう。
この時、ツヤのあるチップタイプのリキッドルージュを使えば、簡単に口角のラインも描けますし、はやりの唇に出来ます。