内面からきれいになるために、最初にしておきたいこと


姿勢、振る舞いを意識することで、内面の美しさに出てきます。
端正な振る舞いが普段から出来ていると、自然に品格を感じる振る舞いを身につけることが出来ます。
内面の美しい女性になるための第一歩は、まずは振る舞いを意識して変えることです。

してはいけない振る舞いとは

最初に、やってはいけない振る舞いの例を挙げて見ましょう。

歩いていて人とよくぶつかる

足首を立てて歩く

靴を脱いでそろえない

食事のマナーが悪い


など。

これらの振る舞いは、今から意識すればすぐに変えられます。

内面の美しさを醸し出す姿勢とは

内面がそのまま出るのが、姿勢です。
例えば、背筋が曲がっていると、振る舞いが雑になってしまいます。
特に、猫背の人は注意が必要です。

正しい姿勢になる方法

毎日一回、「壁立ち」をします。
壁立ちの方法は、背中を壁につけるようにして立ち、同じように、かかと、お尻、肩甲骨も壁につけるようにしてください。

また、基本的な美しい姿勢になる立ち方も行います。
これは、つま先を正面を向けてそろえて、ヒップは引き締め、腹筋と背筋を使って背筋をまっすぐに伸ばします。
この時、背骨が反らないように注意してください。
さらに、左右の肩の高さが同じになるように注意します。
そして首は、真っ直ぐになるようにします。
首の筋肉を意識して、上へ引き上げるようにしましょう。


振る舞いについて

手から物を離すとき、さらに、物に触れる瞬間にも、意識を集中させて見ましょう。
こうすれば、大きな音を出さずにすみます。
ドアを閉める音や足音など、普段生活するときに出る音が静かになるよう、意識してみましょう。

表情について

内面の美しさは表情にも表れます。
楽しいときに、楽しいと感じる表情が出来ていると、相手に伝わるものです。
これによって、スムーズなコミュニケーションにつながっていきます。